Kenteko Blog

無知は千成っ!!

会社のエースとOJT

どもKENTEKOです。

 

 

初勤務から一週間経とうとしております。

今は初心者講習状態で、その業務のエースさんとのOJTが中心。

流石に10年以上もやっている方の動きは洗練されており、比べてはいけないと判っていながらも比べてしまい勝手にダメージを負っています(笑)

10年超のベテランを一週間の新人が同じ動きをできる訳がない。

そんな時には「超ベテランと自分を比べてはダメ!!」と心の中で自分に言い聞かせています(笑)

 

☆彡

 

今やってるOJTの内容は、エース(以下A)の基本業務内容らしい。

※ただいきなりその量ではなく、徐々に増えての結果ではあると思うのだが。

他の社員から見ると(やはり)異常な仕事量みたいで、それは経営陣も把握しているらしい。

その負担を減らす為、昨年に私を含め二名の初の新規採用を計画したのだとか。

※もう一名はまだ応募が無いみたいですが。

 

そんな中、また会社が超大口案件を取れてしまったらしく、急遽もっと人を増やさないといけない状況になった模様。

取引先が大手さんばかりなので、ちょっとの動きでも大口案件になってしまう。

このご時世において景気の良い話なんですけどね。

ただ、そんな急に人が増えるのかどうかが怪しい感じ。

人の準備が出来ない状態で大口取引開始となると、結構地獄な仕事生活が始まりそう。

それは絶対避けたい。

 

あと三名増やす計画らしい。

「応募よきてくれー!!!」

 

☆彡

 

先日の社内打ち合わせで、こんなやりとりがあったと聞いた。

社長「(案件増えても)やれるのか?」

エース「別にやれますよ?」

社長「今、自分でやる事考えてただろ?そうじゃなくて人を入れるので、その新人がやって回せるかって事だよ。」

というやりとりがあったらしい。

 

それくらいに現状OJTでやっている内容は、一般社員から見てもハードすぎるものであって、新人がすぐに対応できるものではない。

私は必死にくっついていっているが、やれているとはまるで思っていない。

 

 

そんな日々を送っていて考える事があった。

OJTが終わって単独活動出来るのだろうか?とすごく不安になったので、ストレートに聞いてみた。

K「確認なんですが、この仕事量がそのままスライドしてくるんですか?」

A「いや、これは自分しかいなかった時の内容で、会社が増員を考えてるので人が増えてもっと少なくなるはず。それで分散させる予定だから、基本量はこれの半分くらいになるんじゃないかな。」

という事を教えてくれた。

 

その内容を聞いて、マジで安心したよ!!

そりゃそうでしょ!!

10年選手と同じ量の仕事を一ヵ月後の私がこなせているとは思えないしっ!!

それで「今の半分くらい」となれば、「それならまだやれそう(´༎ຶོρ༎ຶོ`)」と思った。

 

☆彡

 

新興企業の性(サガ)なのか、新人教育体制が弱い(というか新人教育は初めて)ので、如何に業務量に対し引いた気持ちにさせず、スムーズな単独フライトに乗せるかが鍵だと実際に指導を受けてて思う。

 

よくあるのだが、ベテランは自分感覚が標準なので、結構無理目な事でも「楽勝でしょ?」とか聞いてしまう。

これってねプレッシャー以外の何物でもないのです(;^ω^)

そして私も弁当配達スタッフを指導する時によく言ってた気がする。

 

自分が出来る状況を標準にしてしまい、教える時に初心者に出来る事と出来ない事の線引きをせずにやっちゃうやつ。

そういうのは封印して「判らない事があれば何でも聞いてっ」だけで乗り切る(笑)

そんな事をやっていて思いましたさ。

 

ま、新規募集も経営陣の仕事なので、いち従業員の私は目の前の仕事をこなせる様に反復練習をするだけです。