Kenteko Blog

興味のあることや経験談など

続く仕事と続かない仕事

どもKENTEKOです。

 

 

ここまでで、早期退職した(する予定)の仕事というのは全て未経験職種でした。

私の職歴には20年以上も続けられた仕事もあり、その仕事を辞めた理由は誘われてのキャリアアップで、行ったのは同業他社。

そもそもその職種が嫌で辞めた訳ではありませんでした。

その理由から、結局のところ私が続けられそうな仕事の答えはすでに出ていたのです。

 

それを無視して、違う事、違う方向にばかり流れていって、苦しい、辛いとか言ってるのは一体何なんでしょうかね。

三者視点から見れば「そりゃそうなるわ」としか思われないでしょう。

 

それが『適正』というやつで。

 

☆彡

 

あれから少し体調も良くなったので、冷静に考えるとそういう事なんだと理解できました。

今の会社の仕事も、結局は未経験職種でやってみたら合わなさそうだし(やれない事はないが基本的に合わない)、将来のキャリア形成にもなりそうにないという事が垣間見えて、まだ見ぬ未来に絶望や悲観をしてしまったというのが嫌気の原因かと。

 

ただ、その仕事に価値が無い訳ではありません。環境貢献は高いと思います。

私が求める仕事感とのギャップが大きいというだけでして。

という事で辞める事を決意しました。

早期離職二回目ですね。しかも40代の。

 

☆彡

 

ひとつの決意ですが、この先恩師の事業に参加したとして同じ様なミスマッチがあったとしても、今度は乗り切る事を徹底しようと考えています。

チャンスを頂いた事を肝に銘じ、勢いをつけて乗り越えていこうと思います。

 

 

 

恩師の会社の手伝いをする事になるかも

どもKENTEKOです。

 

 

昨晩『太陽のカード』に「やりがいを得られる仕事に就ける様に」とお願いをしてから寝ようとしたんですが不眠状態の蕁麻疹。ツライヨー

 

その流れで、夜の内に「明日休もう!」と開き直って会社を休みましたん。

そんな事はお構いなしの母親を買い物に乗せていったりして、なんだかモヤモヤの午前中を過ごしていました。

そして漠然と「私の将来どうなっちゃうんだろう・・・」と短期離職が再就職のデメリットになってしまうというネット記事を陰鬱としながら読み漁っておりましたところ、恩師からメールが来てました。

内容は先日話していた代理店の件の連絡でした。

 

☆彡

 

一応資料の準備を行う返事と併せて「会社辞めるかも」という事を伝えましたところ、かなり驚いており。(そりゃそうだろうね。私もビックリですよ。)

間髪入れず「じゃあ一緒にやらない?」とのお話を頂きました。

 

流れ的によくわからなかったので「代理店をですか?」と聞き直したら、「そうじゃなくて私の自営の方」と。

それを見て即座に「よろしければ、ぜひお願いしたいです。」と回答。

恩師が今後やる事の資料を準備し、後日説明を聞く事になりました。

ザックリは聞いていたので、大体は把握していますが、数値や期日的な部分は曖昧だったので、そのあたりが鮮明になるのかと思います。

 

恩師は、他の会社の顧問もやっているので、自営部分の地元で事業拡大を行うには人手が足りないのだと。

先日の近況報告で冗談かと思っていた「私への事業参加への声掛け」は、実は本気であった事など聞きました。

いつもタイミングがいいのか悪いのかわかりませんが、結果オーライなのでしょうか。

 

 

私の手のひらに浮かぶ六芒星のパワーを恩師の事業で爆発させましょうかね。

※ナンオコッチャ

 

 

 

 

仕事休んだった

どもKENTEKOです。

 

 

今日は仕事を休んでしまいました。

昨晩から、急に仕事への不安感が増し、不眠症状態になってしまった。

蕁麻疹も出てきて「どうしよう」と余計に悩んでしまい、更に意識が覚醒して寝られない。

 

社内でも一番ハードとなるエースと一緒にやる事で、会社としては早期完成を目指したかったのかもしれませんが、どうも私にはオーバーワークでキャパオーバーだと感じています。やってる事は大した事は無い(エースも言ってる通り)のだけど、覚える事が多すぎて、それについての資料もないし「やってみてみて覚えろ」の一点張り。

新人に数百件の顧客特徴を覚えろと、また一部顧客については発生ベースになるので、あった時しか教えられない(これはまぁ仕方がないけど)。

 

一日の立ち寄り先も40~50件とかなりせわしなく、エースは慣れてるし判ってるからいいけど、こちらは完全にキャパオーバー。

指示通り移動するも、一体どこに向かっているのか分からぬまま、とにかく言われるがままに。「そのうち慣れる」「なんとかなる」とそりゃそうかも知れないが、今の不安が解消できなきゃ結構そのままだよ?

 

三か月先に入った先輩は、エースからのOJTでは無かったみたいで、時々一緒にやるんだけど、やり方がまったく違う。

でも会社の方々は先輩の事を「まだまだだ」と言っている状態。

言うてもまだ三か月だから、そりゃそうでしょと思うけど。

 

その結果、体に不調が現れた次第。

 

☆彡

 

まず前提として、仕事とは「生活費を得るための手段」という割り切りは理解しています。

 

よく転職理由にある『叱られる』といった事はありません。

そこはとても良いと思います。

社風はどうかというと、それも特には悪くないと思います。

 

不安の種は、やはり与えられた仕事の内容が、自分の適性に合っていないと感じてしまった事。

とにかくやるだけで苦痛と感じる状況になってしまった。

まさか自分でも、急にそんな感情になるとは思っていなかったが、なってしまったものは仕方がない。

仕事が苦行のままでいくのか、やっていく内にやりがいのある仕事に変わっていくのか。

 

私も新卒ではありませんので、ある程度の見立ては出来ると考えています。

そんな見立ての結果、私にとっては中々難しい仕事であると感じた訳です。

 

そんなのがあり、先日転職の可能性を消さない事にしたわけです。

 

☆彡

 

仕事が嫌だと、今すぐ退職はしません。

働きながら転職先を探す予定です。

ほんと、他人の事ばかり言ってられないね。

こっちも谷あり谷ありですわ(笑)

短期離職が評価減にならない様に注意しなくちゃね。

 

 

 

 

それでも一応転職の設定は考えておく

どもKENTEKOです。

 

いきなり後ろ向きなタイトルで恐縮ですが、お仕事をやってみて一応ですね、転職の可能性は残しておきたいと考える様になりました。

まだ退会をしていない転職サイトのスカウト枠を再開。

 

一緒にやっている方からの話で「歳をくった時にやれないと思う」とか言われると、確かにそうだよなぁと考える様に。

それにへこたれない体作りも必要ですけどね。

 

問題の根幹は、この仕事を続けるのが『物足りない』と感じる事である。

要は、自分の持ち味が活かせない可能性が高い仕事だという点がかなり痛くなってきた。要するにバイトでもいいじゃんの類だったりする。

 

時々、幹部候補とか言われてたりするが、聞くときは話半分である。

そして候補であるから、落選もありうる訳だから浮かれてはいられない。

経営陣は、そもそもそんなつもりは無いのかもしれないのだから。

 

☆彡

 

「まだ始めたばかりでこんな事を言ってこの人は!」と自分に対して思ったりもするのですが、年齢的に第二の人生を歩むに当たり、楽しめない仕事は苦痛。

それがかなりの年月に渡ることを考えると可能性として『転職を考える』という行為は、今の仕事のストレスを緩和する事にもなる。

 

☆彡

 

何だかんだ言って、そのまま続けているかもしれないし、さっさと他所に行ってるかもしれない。未来は誰にも分らない。

ただ、もう少しやってみて判断しようという余力(体力)はあるので、その点は前職とは大きく違う。

 

先日会った恩師が自分のやりたい事をやろうとしているのを改めて見て、ちょっと影響されちゃったかも。

 

 

 

喫煙者と非喫煙者のOJTは地獄に変わる

どもKENTEKOです。

 

 

現在私は非喫煙者。先輩方は喫煙者。

OJTでの同乗では、横でバンバン喫煙されるので、私も意図せずニコチン接種状態になっていると思う。

元々喫煙者でもあったので、そこまででも無いかなと思っていたのだが、やはり臭いものは臭い。

先輩方全員が喫煙するので、仕事のストレスは相当なものなのだろう。

 

☆彡

 

単独になればそういうのは無くなるのだが、今は単独でやれるかの不安の方が大きい。

特に立ち寄りの計画が、同じ曜日なのに毎度違うなどのトリッキーさがあって、それがこの勤務期間数週間の私がやれるのか?と不安しかない。

 

配送スタッフ用のルート作成アプリを積んだタブレットを支給して、ルート決定負担の軽減を図ってもらいたいものである。

これから拡大していく中、この課題は小規模で毎日ほぼ固定ルートの弁当配達でも発生していたので、曜日毎で変わるエリアのルート決定なんて、ドライバー負担の最たるものだと感じる。

こういう部分の設備投資は、きっとかなり後になるか、そもそも”無い”だろうな(;^ω^)

 

人手不足での人材確保は、とっつきやすいかどうかで決まると思う。

経験者ばかりではないし向き不向きもあるでしょう。

そういう事を意識しなくても入ってやっていけるかをもっと安易にしていく事が肝要。

 

時にベテランやエースからの指導は、やり方によっては”不安”しか生まない事もある。

それを補う形で何かしらのサポート体制が取られているかいないかで、定着率も変わるだろう。

 

 

 

久しぶりのマッサージ

どもKENTEKOです。

 

 

先日久しぶりにマッサージに行きました。

もうかれこれ数年ぶりです。

先日まで、何をしていても左の肩から親指に向けて鈍痛があり、その緩和策として。

マッサージで治りそうになかったら次は整体かなって感じでいました。

 

いつも母が利用しているマッサージ店へ。

具合の悪い箇所を伝えて、60分重点的にやってもらう事にしました。

 

☆彡

 

マッサージを進めていく内に、どこが悪かったのかが判りました。

左の肩から腕に鈍痛だったので、腕部が悪くなってるのかと思っていましたが。

 

凝り固まっていたのは『広背筋』でした。

背中の筋肉・広背筋は上半身最大の筋肉部位であり、上腕を上や前から引き寄せる。

広背筋は、背中の筋肉・僧帽筋および上腕の筋肉・上腕二頭筋と共働して上半身の引く動きを行う。

 

重い荷物を上に引き上げる動作ばかりなので、正に広背筋を使いまくる環境。

「なるほどね」と思った次第です。

 

腕を上げ、ちょうど脇の窪んだあたりを押してもらうと、日常生活ではありえない程の痛みがあり、それを我慢して揉み進んでもらうと大分楽になりました。

時々くすぐったいが勝ちそうでしたが、今回は痛みの方が勝りました。

 

右利きなのでこれまで左側はパワーセーブ気味だった事もあってか、直近の労働で左をセーブしている暇が無かったため、急激な負荷で損傷をしてしまったのかもしれません。

先生曰く「背中が凄いガチガチに固くなってたよ。」と言ってました。

特に揉み返しは無くスッキリしています。

 

昔はよくマッサージも行ってました。

独立してから収入が無くなった事で止めてたんですが、今回の事から定期でマッサージに通う様にしようと心に誓いました。

体のメンテナンスも自己投資ですからね。

 

 

 

 

恩師との近況報告会

どもKENTEKOです。

 

 

 

先日、恩師と会い、お互いの近況報告をしました。

 

私の方からは、最近小さな会社に入ったこと。

既存のベテランスタッフの業務量調整の為の増員だったが、その会社の事業が急拡大時期を迎えており、更なる増員をしなければいけなくなったことなど。

恩師は、私の入った会社の事業と将来性について、かなり興味を持ったみたい。

私も同じ点を見て入り込んだのもあって、第三者から見てもらい同様の判断をされた事には安心した。

 

 

恩師の方は、今年顧問契約先との契約更新は行ったが、中小企業特有の現場からの反抗や、中々前に進めない状況である事や社長の本気度合にも疑問符が付く様になってきたので、顧問先での活動時間を前年の半分程度にする事を伝え了承されたため、今年からは自営業の部分に時間を費やす事にしたらしい。

融資を受けて、店舗も持つとの事で。

 

 

以前は、その会社の役員に納まる様な事も言ってて、私はもうその様になっているものだと思っていましたので、改めて聞いて「世の中、中々上手くいかないものだなぁ」と。でも、次に打ち込める仕事があるという事については、正直羨ましく思ったよ。

 

私の今いる会社も急拡大に向けて、色々な対策を打ち出していかないといけないところなので、顧問先で代理店活動ができないかを打診しておいた。

可能性はありそうだって。

 

会社が拡大するにあたり、今回募集した一作業員(私を含め)を作業員のままでやっていくのにはいつか限界が来る。次にどういう組織にするのかが重要になってくる。

そのタイミングで、私にも管理部分が何かあれば楽しいと思えるのだろう。

 

ま、そんな先にどうなるのかは分かりませんが、嘘か誠か”創業メンバー”とか”幹部候補”とか言われてるので、今は乗っかっておこうかと考えるのであります。

失敗小僧さんの動画で、中高年に管理職と偽って”ハメこむ”底辺食、といった内容の物があったので、会社が言ってるそういう名称については基本的に懐疑的です。

 

 

ここまでで一番の効能は、強制的な筋トレの毎日により、気持ちも少し前向きになってきた事。少し前は疲れで後ろ向きでしたが、体が出来上がりつつあるからか。

水槽の水替えで、大小のバケツを使うのですが、大バケツに目一杯抜いた水が入った状態でも重いと感じる事が無くなった。あまりに軽く感じたので「小さい方だっけ?」と思った程。

ポリタンクで20L汲み置きの水も、持ち上げた時にかなり重く感じていてプルプルしていたが、それも無くなった。

マッスルメモリーが再起動したのを感じる。