Kenteko Blog

世間に渦巻く罵詈雑言を無視し健やかに生きるために

仕事用トラックのオイル交換頻度

どもKENTEKOです。

 

仕事で毎日乗っている2tトラック。

詰先の近所にあるガソリンスタンドでオイル交換をしてもらっておるのですが、そこのスタンドが交換時に貼ってくれるシールには、次回交換目安距離が5000km後になっとるのです。

しかしこれを見た時から違和感があって、ディーゼルでもガソリン乗用車並みの交換頻度なんだっけ?という疑問。

 

これまでトラック整備に関わる機会がなく、あまり詳しくなかったため前任者に言われた通りにやっていたので、なんとなくそうなのかなと思っていたのですが、トラックの電気が24Vだという事を知らなかった人だという事を知った時点から、「それ本当に?」といった疑問が色々と沸いてきたんです。

 

ちょうど週明けくらいに、そのシールに記載されている交換時期に差し掛かるので、ちゃんと自分を納得させるためにも、世間一般的なオイル交換時期を知ろうと思いました。

 

トラックのオイル交換の時期はいつ?

そんで調べてみると2tトラックでは、10,000~20,000kmが目安なんだとか。

・・・。

ヲイヲイ

完全に商魂逞しき奴らに騙されてまんがな (;^ω^)<ナンテコッタイ

 

交換時のオイル量が8Lとあった。かなりの量だ。

量が多いから交換目安までの距離も長くなるのだろうか。

軽自動車だと約2.6Lくらいの少量なので、汚れると代わりが少ないので、汚れも劣化も早まるため、交換推奨距離の5000kmよりも早く交換するといいんじゃね?と言われる事が多い。

 

乗り方などが大きく影響するので、一概には言えない部分だが、うちのトラックの場合、5000km交換は早すぎでしたな。

次からは目安の最小単位である10,000kmあたりで交換する様に注意します。

昨今の物価高で決して安くない費用となるので、このあたりも計画的なコスト利用で進めて行かないといけません。

交換をしないという選択肢はない訳でして。

あとディーゼルは、燃え切らなかった軽油がオイルに吸収されていき、オイルパンのオイル量が増えるので、ちゃんとやらないと「(オイルが)もうパンパンだぜ・・・」となるので、そこは注意だね。

 

 

 

恩師に年始のご挨拶

どもKENTEKOです。

 

昨年より本格的に事業を開始した恩師へ年始のご挨拶。

新たに始めた店舗は、何とか運営を出来ている状態だとか。

※謙遜なのか真実なのかは不明

でも、やっていけているのであれば、それは良い事で今年は勢いをつけて駆け上がっていく年にしたいとの抱負であった。

 

恩師のそういった熱い気持ちに触れる事で、なんとなくルーティン生活に陥りがちであった私の情熱に改めて喝を入れる事が出来るのだ。

そうして自分が起業した時の気持ちを思い出す事が出来る。初心ってやつだ。

 

今は拾ってくれた社長に恩を返す為に目の前の仕事に注力をする時期。

そうして一年経とうとする頃を目指して、収入の柱の道筋を作る事が私の今年の抱負である。

あくまでも”道筋を立てる”事が目的なので、売上がどうとか言って焦る事には注意して、形を作って、来年以降に向けて育てていく。

※どうやら星回り的に、今年は大きく動くのはダメらしいので大人しくね。

 

 

連休あっても給料はちゃんと出るみたい

どもKENTEKOです。

 

 

給料の件。

昨年12月。

年末休みが、27日から始まり31日まで休み。

 

この仕事を本格的に始める際に、社長から給料の話を聞いていて、日給月給で一日12000円となるといった内容だった。

日給月給という事は、勤務が無い日は給料発生しないという形なので、当然年末休みの分は引かれて支払われるものだと思っていた。

しかし、今日入金があった額を確認したら満額支払われていたので、言われていた説明は業務委託の話だったのかなって。

もう何がなんだか。

 

社長が結構あやふやになっちゃう時があるので、「どっちの話だ?」という事もあるが、都度突っ込むと嫌がられそうなので大人しく聞いているのだが。

今回の結果から差っ引かれる事は無いみたいなので、それはそれで良かったのかな。

 

怖いのは実際の支払いの計算で、急に日給月給計算にされたら適わないなと(;^ω^)

説明があやふやだったので心配なのだが、一応税理士も噛ましてやってると言ってたので、大丈夫だとは思うが・・・。

年始も連休だったので、2月の支払いも注視しないと。

※なんじゃ、この悩みわよぅ

 

 

坐骨神経痛のそれから

どもKENTEKOです。

 

坐骨神経痛になってしまった模様なんですが、それと同時に気になる症状がありました。

それは

 

”瞼がピクピクする”

 

この”瞼ピクピク”と”神経痛”の組み合わせは、あの栄養素不足が疑われました。

 

それは、

 

 

マグネシウム不足”

 

早々にドラッグストアに行き、マグネシウムのサプリを購入。

飲んでみたところ、上述した二つの症状がMAX状態から確実に緩和しました。

摂取しはじめたばかりで完全に症状が無くなった訳では無く、軽度に残っていますが、継続摂取する事で、確実に改善へ向かうと思います。

 

 

整体行こうか病院行こうかと思っていたところだったので、色々試す事で活路を見出す事が出来ました。

 

マグネシウムを多く含む食品一覧を見てて、そういえばナッツ類も海藻類も最近あまり食べてなかったなぁ。

一応コーヒーにも含まれてるらしいのだが、利尿作用で排出する分もあって摂取量は少なくなってしまう様だ。

マルチビタミンサプリも飲んでいるのだが、成分を見るとマグネシウムは入っていない。上手く作ってあるもんだぜ。

 

 

 

 

 

coco壱番屋の話をしてた

どもKENTEKOです。

 

先日ドライバー仲間Bさんと、最近coco壱番屋へ行ったかどうかの話をしていました。

そう聞かれると、数か月以上行ってないなって思って。

何で行かなくなったのかというと、昨年の夏ごろだったか久しぶりに家族で壱番屋へ行った時、父が「なんか(値段が)高いな」とボソッと言った事がキッカケかと。

 

Bさんに「値段が高いなと感じてからは行ってませんね。」と言ったら、Bさんは「自分はあそこのカレーは高くていいと思う。人が少ないからゆっくりできるし」という持論を展開していった。

色々話を聞いていて、飲食店経営をやってた自分としては「それではやっていけなくなるな」って、思っちゃうのが悪い癖。

 

結局客が少ないっていう状況は客離れが起きている訳で、客単価を上げて忙しくしない為には、今の倍の価格くらいで対応する感じになるのかも。

すると一人あたり2000円くらいのカレーになるので、インフレ的には米国と同じくらいになるのか。やっぱ高いな(笑)

スパイスカレーでナン食べ放題が850円あたりで推移しているこの地域では、ライバル対策的にもかなり厳しい戦いになりそう。

 

とか考えていたら、やはり客足は遠のいているらしく。

ユーチューブでもいくつか取り上げられていた。

多くの店舗はFCなんで、店舗経営の責任を本部が100%被る必要がないので、店舗は淘汰されても本部は残るので、消費者による粛清が納まるまでどれくらい生き残るかになるのかな。

 

Bさんの様な高額カレー嗜好客が回数行って買い支えないといけない。

小市民の我が家は年一回いくかどうかになっている。

 

 

 

高齢者のスマホリテラシー獲得問題

どもKENTEKOです。

 

私の両親。

父は、機械系に強く、自分で調べたりする人なので、勝手に調べてどんどん進んで行くタイプ。

母は、分からない事があると、とりあえず人に聞く。教えてもらってもその場限りの意識が強く、何度でも同じ事を聞いてくる厄介肌。

 

両親はどちらもスマホを持っているのですが、とにかく母から聞かれる事がかなり多い。

そして説明されている内容自体を理解できないので、結局解決しないまま時が流れて行くのだと思います。

自分より年上には、スマホを持っているというだけで自慢げに講釈をしていたりするので、これもその場限り対応で、突っ込んだ話をすると何も理解していないという、転生系漫画の最初の方に出てくる”イキリ貴族”みたいな状況だといつも感じるのだ。

 

スマホ操作ひとつとっても、色々な事を理解しておく必要がある。

感覚で操作できるのがスマホの魅力でもあるのだが、その感覚が追い付いていないと、そもそも自分が何をやっているのかもわかっていない状況なのだ。

 

ITリテラシーの前に”自分が何をしたいのか””どういう結果にしたいのか”をある程度説明できないと、こうした機器を使いこなす動機が無いので、中々上達に繋がらないのではないかと考える。

母からの質問は「メールって何」とか「このスマホのメーカーはソフトバンク」といった内容に終始しちゃうんだなって。

でも一応「友達がLINEをしようと言うから」という動機もあるにはあるのだが「人から言われたので後のセッティングよろしくっ!」で進めようとするので、私の様な他人が時間を取られる回数が多くなり、「いい加減にしろっ!!」と言われて終わるパターン。

※一応補足として、一回目でいきなり断る訳では無いので。同じ事が5回も6回もなるとねぇ。

 

無職の時は昼間も暇だったので、そうした時間も作って教えてはいたのだが、働き始めるとそうもいかないので、高齢者向けのスマホ本を買い与えたのだが、そもそも読書週間の無い方なので、まったく手付かずで置いてある状態。

内容を見てみると、一応母が質問したい様な内容がカラー画像付きの大きな文字付で載っているので、何回も読み返していくいく内に理解できそうなものなのだが。

 

こういうのを見ていると、時代と人間のタイプが違うのだなって感じる。

別に本人が自分のやりたい事に関して、使いこなせなくても問題ないと考えているのであれば、他人がとやかく言う必要もないのでいいのだ。

ただ、(自分が)使えないのを機種のせいにして、頻繁に買い替えているのだが、それは無駄金使いの何物でもないのでやめさせたい。

 

坐骨神経痛

どもKENTEKOです。

 

どうやら『坐骨神経痛』っぽいのです。

腰は痛くないのですが、とある時から右足の脛周りに疼痛が始まりまして。

 

どういう時に起きるのかをしばらく検証していました。

・座っている時

・体の右側を少し伸ばした時

・腰の右側を軽く回した時

と、腰痛は無くても、腰から起点になっている違和感が少々ありました。

昨日、脛の痛みだけだったものが、一瞬太ももの内側から股間付近まで繋がった時があり、それでこれが『坐骨神経痛』だと理解する事ができました。

 

酷くなったのが夜だったので、簡易的に家にあるマッサージ機でなんとかする事にしました。

panasonic.jp

※家にあるのはこんな最新のじゃないですが、当時結構なお値段しました。

 

設定は、

①腰部分をエアバッグ挟み揉み設定で固定する。

②お好み設定で腰を『指圧』でピンポイントで押す様にする。

③指圧場所は軟骨が出てしまっている場所に。

④強さはお好み(弱すぎると整体効果が無いのでそこそこに)

指圧するポイントとなる腰骨部分を触ってみると、軟骨が飛び出している様に感じるので、ちょうどその部分を押すイメージ。

これを1セット15分を3セット。

 

実際やってみると、かなり痛い事がありますが、ズレてしまった骨を戻す様な事をやっているので、整体で感じる痛みを同じかな。

 

結果、足の疼痛は一発で無くなりました。

マッサージ機で押された箇所は、触ると打ち身の様な感じ。

でも触らないと痛くない。

こんな感じで簡易的に症状を緩和させる事ができました。

病院では湿布と薬を処方されるらしいのですが、状態が改善しなければ一緒ですもんね。

 

あくまで簡易な素人の生兵法ですので、完全に自己責任です。

 

[rakuten:naipocare:10000008:detail]