Kenteko Blog

興味のあることや経験談など

安値思考の日本

どもKENTEKOです。

 

 

こんな記事を見てました。

wedge.ismedia.jp

 

根深い問題だと思います。

ヤホーでも記事になってました。

 

ヤホーでのコメントは、読んでいる方々が労働者が多い感じ。

「そんなの、給料を上げればいいんだ」といった内容が目立ちます。

そうだと思います。

使えるお金が増えれば、なんとなく財布の紐も緩みますからね。

でも、使えるお金が少ない中でお金を使わせない政策を続けてきたのが日本という国なんですね。

 

なんか景気が良くなっていきそうな気分、そうなる時に限って政治や財務省関連が勘違いをおこす。

市中でお金が動きだしたことを察知し、即座に増税を仕掛け経済へ動脈硬化をしかけます。

そんでジワジワと景気を悪化させていく。

 

一番の問題は日本人が特に苦手とする『出口戦略』を考えていないので、折り返す地点がないのもいつものパティーン。

ずっと苦しいのが苦しいままを継続させて、誰もそれの打開策を打ち出せないまま、「なんか生活苦しいよね」がずっと続くし、それが改善されるなんて事を思いもせず。

FPSでいうところの「死体撃ち」が得意だと。

 

 

経営者を経験した立場から、スタッフ皆の給料を上げたいと考えているのが一般の経営者だと思います。

「経営者に搾取されている」という意見も出ますが、実際はそうでもなく国や地方が税金や保険で取っていくものが多いので、中々働く側に向けてのお金が残らない、というのが実情であるというのを体験しました。

消費税なんて、政府が自ら作った借金を返したいがためだけに、貸主から追加のお金を搾取しているんですもんね。

泥棒に追い銭に近い状況。

 

ずっと「国民一人あたり〇〇〇万円の借金」とミスリードする新聞やテレビの情報を見ていましたが、youtubeなどで本当の識者が真実を教えてくれる時代になりました。

これも、国民一人あたりの可処分所得が減る事に、嘘の大義名分を刷り込んだ悪意のあるプロパガンダの典型。

 

 

 

使えるお金を増やすには、

①減税

②業界単位での適正価格の見直し

 

経営者としては、一番何がしたいかっていうと『値上げ』をしたいです。

「経営の起死回生の一手は値上げである!!」なんて事を声高に言っているコンサルさんを良く見ます。原理としては、その通り。

 

私は『値上げやっちゃえ派』です。確実に経営は上向きますもんね。

ただ、ライバルの多いビジネスにおける同調圧力はかなりのもで、本来は同業者同士で価格調整があるべきだと思います。

そして確実に抜け駆けをする輩が存在するのです。

これは高齢者配食をやってる時に感じました。

 

値下げと同じ意味を持つ『無償サービス』が日本では多すます。

『価格相応』の意識が劣化というか曲解していることで、過剰無償サービスが定着しており、これが生産性を必然的に悪くする要因なんだと理解しています。

お弁当の標準的価格が550円

原価275-280円

粗利270円

の商品に対し『配達』『見守り』が無償サービスとして発生する。

 

配達は配送業が運送費を取っている事からも、別で料金を得るべきであるし、見守りなんて、留守かどうかも分からない時には緊急連絡先へ電話をかけたりしなければならないのである。

配達は市内なので100円くらいかな。(それでも安いけど)

見守りが必要な場合は一回200円くらいもらって良いと思う。(報告を徹底)

で考えると本来は850円の弁当ですよ。

それを550円で売らないと買ってくれないって勝手に思い込んでいるのが、経営者の陥る病でして。

10円の値下げすらビビッてできない。

共同経営者に「20円値上げしよう」と伝えてから半年出来なかったから。

その時の気もちとしては「どうせ儲かってないんだから値上げして少し楽になろうぜ」って感じでね(笑)

 

無償で行うサービスが原因で裁判とかもあるので、無償でシャレにならないリスクを負っているのが高齢者配食だった。

こういう時に使える保険などを本部が準備してくれるわけでもなく。自腹。

www.kanaloco.jp

このワタミさんの件は和解したけど、同チェーンの関東店舗であったのだと約500万の支払い命令が出てた。

それを見て「こんなのうちで起きたら確実に潰れる」と戦慄したよ。

 

 

『値下げ』の弊害については、昔勤めていた会社で業界全体を巻き込んだ値下げ合戦があった。

その結果、個人や中小企業を壊滅させた惨状に。

資本に任せた勝負を打ち出し勝ったという、大企業だけが出来る闘い方を見てきましたので、値下げ競争になったら個人や中小は敵いません。

しかし売っている商品やサービスが大企業と同じものであれば、確実に資本勝負に持ち込まれてします。

 

 

スタグフレーション』が起こるかもと世間では言われ始めてきました。

世界的コロナ禍による経済活動の停滞と長期化により、これが現実味を帯びてきたのです。

 

原価が上がるので売価も上がりますが、粗利は変わらない。

利益も変わらない。

税金が上がるので、可処分所得は下がる。

使えるお金が実質減る。買い物できる金額が減る。

当たり前の負のスパイラル。

これが本当におきつつあるなぁ~って。

 

 

 

 

 

 

 

 

スタグフレーションの懸念

どもKENTEKOです。

 

日本はずっとタイミングの悪さに踊らされてしまっていますね。

コロナ禍でのオリ・パラ。自民総裁選の政治空白。

そんなこんなで次にやってくるのは『スタグフレーション』と言われています。

 

世界経済の悪化においては、まず中国におけるリーマン級の経営破綻懸念があります。

jbpress.ismedia.jp

現在中国では習近平文化大革命の真っ最中だと言われており、資本主義の先駆の様な企業には潰れてもらい、中央集権機能の強化を図りたいのだとか。

 

 

 

そして『スタグフレーション』の懸念

www.bloomberg.co.jp

スタグフレーションとは、簡単に説明すると所得は上がらず物価が上がる現象。

新型コロナにより、世界の経済活動は鈍化をさせられる事になった。

経済活動が鈍化すれば、供給される物が少なくなる事で物価は上がっていく。

一ヵ月働いていた冷凍倉庫で、流れる商品のダンボールには輸入国が記載されていて、国産が少ないのを見続けていたので、冷凍食品も値上がりするなぁと感じた。

 

物価が上がるが国民が使える可処分所得が増えないという事は、お金の使用内容にもかなりの緊縮が発生するだろう。

国内では余計なものは買わないマインドが加速。

出口戦略が自ら作れない日本だと”とことん”行ってしまいそう。

 

政府の今後を夢見ると、価格に対しての消費税なので、

税収が上がった=消費マインドはむしろ上がっている=景気は悪くなっていない

というマヌケというか、絶対ワザとだろ!!という曲解を以って世間に喧伝しそうだなと感じている。

外的要因による物価上昇なので、政府、官僚は自分達に責任は無いと、安心するのかもしれんが。

 

いずれにしても、中国の一件も9/20以降の動きが怖いですね。

日本は祝日なので、株式を動かす事も出来ない状況の中、世界経済の下降を見守る事になるかもと思うと。

休み明けから恐ろしい事になりそう。

 

 

 

 

 

クラウンローチ価格高騰か

どもKENTEKOです。

 

クラウンローチって知ってますか?

ドジョウの仲間で、黄色の体に黒のバンド(縞模様)が入っている魚です。

ホームセンターにペットコーナーがあれば、高確率で遭遇出来る種類のよくある熱帯魚です。

 

非情に憶病な性格で、小さいうちは結構弱っていく事も多く、中々安定させるのも難しい種類の魚だと感じます。

今も居るのですが、過去に10匹いかない程度の数でお迎えしましたが、そのグループで生き残っているのは現在一匹のみ。

現在13~14cmくらいです。

体表の状態が成魚のソレなので、これから大きくなる事は無さそうです。

 

もう一匹いるのですが、こちらは昨年くらいにお迎えした子で、先住魚よりも二回りくらい小さいままでいます。

体表はまだ成魚の感じになっていないので、これから大きくなる可能性を秘めているとは思いますが、先住魚の方が大きいため、このまま成長は止まってしまうかも。

 

一番大きく育った子

この子は初期のグループに居た一匹、一番大きく育ちました。

f:id:kenteko:20210916103556j:plain

昼寝中 クラウンローチ

f:id:kenteko:20210916103724j:plain

クラウンローチL

残念ながら、この子はもう居ませんが、現在の家に越してきてからすぐに来たので、16歳くらいです。

サイズは26cmくらいでした。

 

私が家に居る時はずっと寝てる子で、時々画像の感じで泳ぎ出す。

何よりデカイので、泳いでいる時は見入ってしまいます。

でも臆病なので、こちらが急に動いたりすると暴れるため、スローで動くといった注意が必要です(;^ω^)

いつだったか暴れた時にガラスにぶつかり、脳震盪を起こしたみたいで、動かずにゆっくり沈んでいったため慌てて手で掬い上げ、溺死しない様に手のひらの上に乗せ水面付近で時々頭を水面に出したりして介抱もしたっけ。

魚を素手で掴むのは、温度差があり過ぎて火傷しちゃうみたいなのでダメらしいんだけど、その時はしゃーないよね。

まぶたは無いんだけど、気絶から気付いた時に「ハッ」とした表情をしてたのを覚えてる。

 

 

この子が育った水槽

水槽はテトラの51cm水槽。

確実に後日60cm水槽にしておけばよかったと後悔するサイズです(笑)

今はなぜか1cm大きくなったのが売ってます。

 

このシリーズサイズの問題点は、上部フィルターが60cm用のが使えないという点。

排出口の位置が微妙に納まらないのです(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

その為、濾材量は少なくなりますが、適応サイズに幅があるものを使用する事になります。

 

今使っているのはコレ。

ポンプだけは二代目で、本体は買った時のままです。

これの市場価格がおかしなところは、フィルターセットで買うよりもポンプだけを買う時の方が値段が高いという点。

更に、フリーを買うよりも600SPの方が安く売ってたりすることがある。

価格は一体何の値段なのかわからないところがGEXらしくてよい。

 

 

これにホームセンターで売ってる安いウール濾材を交換するだけでずっと使ってる。

 

 

クラウンローチ価格高騰か

そんなクラウンローチ飼育歴20年そこそこの私が感じるのが、最近クラウンローチの値段が上がってるなってこと。

先日行ったホームセンターでは一匹1800円となって驚いた。

そこに居たのはなんだかやせ細ったSサイズ一匹。

これは落ちる確率高いなと見てて思ったし、それが1800円で売ってる事にもビビった。

 

また別日に良く行くお店で見たのは980円/匹。

ホームセンターよりはプライスダウンだったけど、約1000円の価格になっていたのは正直驚いた。

このお店で歴代クラウンローチを購入していた。5匹で1980円くらいの値段で。

一年くらい前に向かえた子は、確か480円だったので。

とんでもない価格になっていたんだね。

でもネットだとそうでもないみたい。

リアル店舗だと売れないから高値にしてるとか?

 

値段も上がった事で、あまり気軽にお迎えできなくなってしまったが、今居る子達が長生きしてくれればいいと思ってまーす( ´∀` )

 

 

 

 

 

 

 

愛知県小牧市  12~14歳ワクチン接種予約受付開始みたい

どもKENTEKOです。

 

LINEで、

「(年齢別)予約受付開始のお知らせ」を発送しました。

14~12歳(平成19年4月2日から平成21年8月31の間に生まれた方)

という案内が来ていました。

 

ちょうど上の甥っ子が該当。

本人は「早く打ちたい」とジャンキー発言希望していたので、ようやく来たかという感じ。

 

先週の集団接種会場に、ちょうど同じくらいの年齢の子が居たのですが、職域接種だったのかな。

 

予定通り、学校は始まっているし、ワイドショーでやってた様な給食レベルの低下も無いみたい。

子供だって安心したいよね。

 

甥っ子たちが健やかに育っていくのが、おじさんの幸せのひとつだよ~(๑❛ꆚ❛๑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何のために働くのかと

どもKENTEKOです。

 

 

『何のために働くのか』

義務教育の頃だと、

『何のために勉強するのか』

といった形で、常に

『何のために』

という疑問が出てきます。

 

難しく考えずに

『生きていくためだ』

”ストン”と納得がいけばいいのですが、中々ねぇ。

 

 

新卒入社

新卒入社できる会社を探したのは、親が学校が「卒業したら働く」が是であり当たり前とし、働く先をみつけてこいという指示命令の元に行動していた気がします。

とくにこうしたい、あぁしたいなんて事はなく。

携帯電話であるガラケーも無く、Windowsなんて3.1とかです。

WEBを見るのは、カケホーダイの時代。

技術の進歩ってすげーですね。

人はどうだろうか。

 

 

勤労の義務

日本国憲法においては日本国憲法第27条第1項に勤労の権利と並んで置かれた義務規定であり、教育納税と並ぶ日本国民の三大義務とされているものである。なお、日本国憲法の改正前の憲法、いわゆる大日本帝国憲法(明治憲法)にはこの規定はない。 この規定の由来については諸説ある。

引用元=Wikipedia

義務とはいいつつも、していないと罰則がある訳でもない。

精神的規則とでも言えばいいのか。

 

 

勤労する上で結構重要なこと

これまで働いてみて、ある程度のところまでいくと、捉え方としては「暇つぶし」である。

ほんとこの表現ががしっくりくる。

真剣にやればやるほど深みにはまり、結構適当にやってる方が上手くいく。

真剣の中身も嫌々ではなく、楽しくて集中している方が時間も忘れるくらいになれる。

 

幸い私は働く中で、楽しみを作る事が出来るので、ずっと辛いと思い続ける事がないみたい。これは助かるね。

ゲーム感覚で、『ちょっとスピードを上げてどこまで出来るかやってみよう」とか、色々考えてやっていっているのを自分で気付く事がある。

 

私生活で、一人っ子の期間が八年間あるので、遊びは自分で考えるが身に付いていると思う。

なので、仕事でもルールは自分で考えるがやりやすい。

作るルールの基準は、生産性が高いか、誰にでも平等か、といった事に重点を置いている。

これがよく「KENTEKOさんに決めて欲しい」と言われる理由になっているのかもしれない。

 

 

税金のこと

三年間やった経営者の時、住民税は発生していませんでした。

これは勤労はしているが、納税義務は果たしていないという事で、私はこれが恥ずかしくてたまらなかった。

社会維持の費用捻出が出来ない時点で、社会悪と言ってもおかしくない存在に。

そもそもで稼げていないんだよな、という商売をやっている事が恥ずかしくて。

そうやって自分が惨めな存在であるという事をジワジワと実感していく過程がかなりキツかったです。

一応、そこで働くスタッフの給与支払い、お客さんへの商品提供、各種支払いの類は滞らずやったので、そこは自分なりに責任は果たしたとは思いますけど。

 

 

結局のところ

私が「何のために働くのか」という部分をルールも無く、ツラツラと書いてきましたが、そもそも一個人が世界を変えるといった事は無理ですので、希望する働き方で働いて対価のお金をもらい、時々好きな物を買って満足し、日々の生活が出来る事に感謝しつつ生きていくなんて感じでよいなと思います。

 

収入が無くなる生活を経験したことで、物欲を無くさざるを得ない環境になり、以前の様な買い物も出来ない事を理解しその様に生活をしてきた。

結果的に、すぐすぐに働かなくても生きていける状況になった。

※20年間に蓄えたものがあっての話。住宅ローンも返済したりね。

 

あまり力まず、色々経験しながらいきたいと思います。

人の人生なんてほんと短いのですから。

 

 

 

 

~余談~

昨日久しぶりに行きました。

こってりスープも残さず頂きましたよ~♪

r.gnavi.co.jp

急に出てきた45歳定年制の提言

どもKENTEKOです。

 

先日あたりにネット界隈で話題となっていました『45歳定年制』

その内容には賛否両論の意見が錯綜していました。

ある意味、虎の尾を踏んだかの如く叩かれる様を見ていました。

 

私個人的には、ちょうど転職を決めたのがそのあたりの年代で、内容には違和感を持たない側です。

 

私の場合、20~30代をがむしゃらにやって、社内で凡人がたどり着ける最高位の役職まで行き、一息つくのがちょうどそのあたりの年齢でした。

その後、会社の人事制度の変更があり、役職も職務権限も無くなった事で、そこでの生き方が見えなくなった時に転職しました。

 

まぁ、私の転職も知り合いの粗相で、早々にその会社を辞める事になりましたがね(;^ω^)

ただ、タイミングだけの話でいけば、これを言っているサントリーの新浪社長も色々と会社を移っているみたいなので、会社に対する愛社精神を培うよりも”稼げる人”を重用したい思いが強いんでしょう。

 

経営者の本音、決められた期間にどれだけ稼ぎだせるかに集中し、相応の報酬を得る事に重点を置く、そんなイメージを受けました。

 

 

 

 

 

 

昔の上司が言っていた事に共通する

この話を見てて思い出した事がありました。

それは「正社員を無くして、全員契約社員に切り替える」という案を私に伝えてきた元上司の事。

私自身、ちょっと立場的に落ち着くかなと思っていた矢先の事だったので驚きました。実現はしませんでしたが。

一社員の立場としては「そんな正社員を無くして契約社員なんて、何かあったらどうするんですか」という考えが即浮かびました。

具体的に「何か」は何かわからないのですけど(;^ω^)

それと同時に「それなら他の事も出来るから一か所に縛られる事もないか」というプラスの面も浮かびました。

 

 

日本の会社での働き方に一石を投じるか

私の場合は転職や起業においては現時点で失敗談ばかりになってしまいますが、最近短期間ですが改めて正社員になってみて思った事で、金を稼ぐだけだったらバイトでもいいわけで、正社員である必要性って何?って考える事がありました。

また、当時の共同経営者が「経営者が頑張って労働をしていれば、いつか望む報酬が得られるはずだ」と言って休日返上で労働していた事が虚構であるというのも目の当たりにしました。

それは、経営者でも利益がなければ報酬は得られない、という至極シンプルな環境。

自分の見ている世界においては、立場の違いが稼ぎの違いになる時代が終わりつつあるのを感じたのでした。

 

 

経営者が不要と思えば切られるだけ

仕事が出来る出来ないに関わらず、その会社の経営者が「人を無くし、全部AIでやる」と打ち出せば、その会社には従業員は居なくなるだろう。

会社にとっては人件費を無くし、全て設備投資とするシンプル経営に舵を切るタイミングとなる訳だ。

AIの発展とそれによる人との交換について、私は一部は転換が起きるだろうが、一部では転換出来ないのでは?と考えている。

 

 

国内で別事業が育たなければ

転換が出来ない理由のひとつは、そもそも設備投資となることである。

またそれを設置するにも、明日明後日で出来るものではなく、ある程度の期間を経る事になる。

昔某大手EC企業の物流見学に行った事があるが、一部のフロアはロボット化されていたが、結局のところ多くの現場は人が中心となって行っていた。

 

次に、経営者側の思惑が語られる時(話題になる時)、高確率で片手落ちになるのが、購買者をどうするのか、という点に尽きる。

今回、45歳定年制を時系列で追っていたら、昨日にあたる9/1に釈明する記事があった。

「45歳でリストラしますよ」が独り歩きしてしまったみたいで、実際はそうではないという事らしい。実際のところは知らんけど。

 

 

共通の目標を作るのはよいこと

サントリー社長の思惑は読んでないのでどこかに置いといて、新卒入社した社員と会社が共通の目標を持って、日々、週々、月々、年々とやっていくのは良い事だと思う。

会社が意思をもって社員を育てる意識を持つ事になるからだ。

”そのターニングポイントが45歳なんだぜ”ならかなり分かり合える。

 

 

先月短期間務めた会社に居た落ちこぼれ社員のことを想う

センター長も含め、周囲は「アイツはほんとうに」という反応や態度ばかりであったが、会社がそんな状況をいつまでも続けるのであれば、会社は彼を自由にしてあげるべきだと感じた。(本人が望むかどうかは別として)

そんな状況は多分どこの会社でも起こりうる事なのだろう。

逆に、そんな人物でも雇い続けている会社が尊いという意見もあるだろうが、本人にしてみたら結構な地獄だと思う。

新卒入社三年目で、外に目を向けられないから居続ける選択をするしかない。

これが、会社と社員間で目標を共有できずに、本人の勝手な成長に任せきった経営者側の怠慢の結果だと思うわけ。

共通の目標を達成できなかったのであれば、それは本人の責任で然るべき評価を受けても構わないと思うが、そもそも目標も無く「使えない奴」と言ってる側の方が使えないやつになっていないかってこと。

 

 

会社が世話焼きを止めて

世の中で結婚どころか恋愛経験も無い人が結婚出来ていた昭和あたりの”世話焼き人”の様な存在が淘汰され、日本人の多くが恋愛未経験、未婚の道を歩む時代となった。

いくつかの当たり前だったことが、当たり前では無くなる変化をし続けているのかもね。

次は会社が終身雇用制度を止めるぞと立場のある方々が言い出した。

ひとつの会社に長く務めるという事が当たり前であった時代の終了を宣言し出した。

その矢面に立つのはいつものロスジェネ世代である。

もう私たちは社会実験動物だね。

 

 

アメリカのやってきた事をなぞる

以前、アメリカも昔は終身雇用だと知って驚いた。

しかし今はその仕組みは見る影もない。

日本はその後追いをしているのだと思う。

捉え方、考え方を変える時期に来ているのだろう。

 

 

 

 

 

モトチャンプ10月号

どもKENTEKOです。

 

モトチャンプ10月号発売されてますっ!!

2021スクーター完全保存版100台掲載カタログという事で、最近国内発表となった新型N-MAXも載ってます。

 

 

この表紙のPCX160かっこいい

 

もし買うとしたら~という選んでいる時の幸せ感が実現できます(笑)