Kenteko Blog

無知成っ!!

ギリギリ過ぎる引っ越し劇

どもKENTEKOです。

 


先日あった勤め先の店舗移転。

一筋縄ではいかない事があるのものです。

そこまでかっ!!と思う様な展開ばかりでした。

 


厨房機器の搬入で通路の幅が足らず、急遽窓から入れる事になったり。

配達車両を旧店舗から移動させるのをスタッフに頼んだら、その車の鍵を無くしたり。※カギは見つかりました。

一番困ったのは、旧店舗で使用していた電話、FAXがソフトバンクの『おうちのでんわ』でした。

www.softbank.jp

 

このサービスをチョイスしたのは、店舗立ち上げの時に本当は普通の電話を引きたかったのですが、注文してから工事に二か月かかると言われ、オープンに間に合わないことから元共同経営者が個人で契約したのがコレでした。

当時は簡単に入手できたのは良かったのですが、人生色々あるもので、すでにその人物は居ないがそのまま使用していた状況。

 

そして引っ越しへ。

新しい店で梱包した荷物を取り出し色々整理をしている最中に店の電話が鳴り、その電話で伝えられたのが、「使用しているエリアが契約時に設定したエリアと違うので、このままだと明日の14時に切断されます」という機械音声。その時すでに16時。

「何?何?どういうこと!?」と思いましたが、以前とエリアが違うから使えなくなることは即座に理解した。

 

 

これはやばい!ヤバイ!ギャグでも何でも無く本当にやばいっ!!って、久しぶりに本気で焦りました。

電話もFAXも使えないなんて、個人客相手の商売としては致命的すぎる状況。

頭も真っ白。

しかし動かねば!!という事で、かなり久しぶりに元共同経営者へ連絡。

偶然今日が休みで動けるとの事でやってくれる事に。

最初の連絡から何度かのやりとりを経て、数時間後変更し手続きが全て完了しました。

 

 

 


よかったぁ~(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

マジで。

 


あと思ったのが。

今回引っ越しのタイミングで私が居たから何とかなったんじゃないかって。

”うぬぼれ”ではなく単なるタイミングの話として。

 


ま、いずれにしても何とかなったので、ほんとギリギリの体験でしたわ。

運がいいや。ついてるついてる。


不思議なもので、発生から対応している時に、意識の芯のところでは「それでもなんとかなる」って思ってる自分が確かに居るんだよね。内在神ってやつですかね。