Kenteko Blog

興味のあることや経験談など

【事業】事業撤退のこと

どもKENTEKOです。

 

 

夢見て起業。

しかし現実は厳しく、今後どうするのかを考える時が必ずあると思います。

その時重要になるのが『撤退基準』です。

私は明確な撤退基準を決めていましたので、サンクコスト*1に後ろ髪を引かれる事なく、(自分がやる仕事として)終了させるに至りました。

 

★ご注意★

自分達がたまたま関わった『高齢者配食ビジネス』での事を主として話を進めますが、あくまでも自分達がやった時の状況が話の中心になります。そのため、全ての同業店舗がそうであるという事ではありません。

やり方やタイミングなどによっても変わるため、我々の時は課題が多く捌き切れなかった結果ということです。

その点、誤解の無い様にお願い申し上げます。

 

 

 

  

 ・撤退基準作り

起業してフランチャイズ加盟して一年経過の時。

初手として始めた事業「高齢者配食事業」について、共同経営者に対し撤退基準を決めておこうと自分の見立てについての連絡をしました。

内容は、「三年後の決算で赤字状況だったら撤退する」 という内容でした。

 

共同経営者は一年経過した段階で進退を決める事に抵抗があったらしく、中々返答をしてくれませんでした。

アスリート畑出身特有の「最初から負ける事を考えて練習する奴があるか」という考えから、そもそもで撤退基準について決めておくという考え方に拒否反応を示していました。

※今の東京オリンピックの走り出したら止まれないも、同じものを感じます。

 

日中時間があった時に呼び止めて、一応のOKを得ました。

半ば強制的に決めた感じもありましたが、経営者間で撤退基準を作る事に成功しました。 

まぁそんな意気込みであった共同経営者は、二年目で私より先に居なくなる訳ですが(;^ω^) 

 

 

・基準の理由

頭にあったのは『石の上にも三年』です。

最近は「やってみてダメだと思ったらさっさと辞める方がいい」という風潮もありますが、何分、未経験の事で、三年くらいやってみないと分からないだろうと。

歩みを止め道筋を見極めるポイントが無ければ、どんどん資金を事業に突っ込み、後戻りできなくなる事態を招く可能性があります。

それだけは絶対に避けないといけません。

三年の期間をかけ、事業がスケールしないのであれば流石にこの先の見込みも低いだろうという私の見立て。

 黒字の基準は結構緩くて「1円でも黒字(収支トントン)」であればOKでした。

事業の収益だけで、事業を回せる資金を生み出している状況がスタート地点で、そこから先は利益だけですからね。

設備投資の発生などで、時々赤字にもなると思いますが、また黒字に戻せる可能性が高い状態まで持っていけるかがこの事業を行う上でのKPIでした。

 

最近この事業の分母数(関係する人の数)が大きくなり、ネット情報を見かける機会が増えてきたため、色々な事が出てきて分かってきました。

最初の店舗の収益化には5~6年かかり、4~5年あたりでもう一店舗を計画。初期投資はずっと回収できない感じでスケールさせていくビジネスらしいということ。

3年目で赤字は仕方ないレベルであると。

 

やっていて「このままいけばなんとかなるんじゃないかな?」という感覚は合っていたのかもしれません。

資金不足になってしまったので無理でしたが。

資金不足になっても、家賃の支払い、本部への支払い、従業員給与、各種保険料、税金などは遅延させずに支払ってきました。

そこは責任者として、誇りたいと思います(笑)

 

 

・自分達が食っていけるのかどうか

結論は出てます。

『これだけでは食っていけない』

社会的貢献度の高い仕事ではあるので、可能であれば続けていきたい気持ちはあった。

可能では無くなったので経営から撤退した。

 

当時の”食っていけるかは「経営者一人当たり額面30万円の報酬が稼げるか」

二名だったので60万円の経常利益が出せるかとなる。

一人30万円は起業当初に決めた額。

何の根拠も無かったが、直前に勤めていた会社で出ていた給料額だった。

事業計画を作る前に、そんな給料の話が共同経営者から出てきた微笑ましいバカ起業家時代である。現実を知らない脱サラリーマンの典型であった。

 

一店舗の利益で、経営者二名分の報酬額を賄える程の利益は出せない事が判った。

ちょうどそれを裏付ける意味で良いサンプルとなる同業他社の事業継承店舗モデル情報があった。

※月間配食数6000食の場合/法人、スタッフのべ6名、15坪
◎売上高:336万円
-原価(食材費等):144万4800円
-人件費:97万7300円(社員1名含)
-販管費(地代家賃・光熱費・ガソリン代・ロイヤリティー等):59万6800円
●営業利益:34万1100円
引用元:アントレ

かなりリアルな数値が出てきたと思った。

事業譲渡なのであまりおかしな数字を出すとデューデリジェンスで引っ掛かるだろうからね。

加盟者を募るための、お花畑数値の本部試算とは違う結構リアルな数字。

年中無休営業が標準なので、平均30日として一日200食計算くらいか。

当時のうちの店の倍近い売上を作ってようやく営業利益が34万。

お手本となるほどの営業利益10%。

ただ、この営業利益に喜んで、ほいほいと事業継承などしたら痛い目を見ると思った。

 

 

・忘れちゃならない『消費税』のこと

売上規模で判断との事で、消費税の納付事業者として判断される事になります。

これは購入時に支払う消費税のことではなく、預かった消費税のことで、税務署に納めるものです。

 

月売上336万円、年商4000万円クラスの店舗。

月の営業利益は34万1100円

営業利益は、本業で得た利益になりますから、『(売上-原価)-販売管理費』で出た金額を指します。

 

消費税をザックリ計算します。

食品なので税率は8%。

売上分 268,800円

仕入分 115,584円

売上分-仕入分= 153,216円

 

営業利益 341,100円 - 消費税 153,216円 = 税引後利益 187,884円

年間営業利益4,093,200円に対し、年間で2,254,608円の消費税を納める事になる。

 月の税引き後利益は、341,100円 ー 192,000円 = 149,100円となる。

※普通毎月同額とはいかないが、計算上同額で試算。

 

運転資金や設備投資的にもいくらか残す事は必要だろう。

仮に5万くらいを店に残すとしたら9万くらいが報酬になる。

社会保険関連で2.7万円ほどの支出があり、手残りとしては6万円ほどの計算。

これがリアル。

これだけの収入でやっていくならこの方の本が参考になるだろう 

この月商300万円超の物件でも、オーナーが得られる利益がこれくらいになる試算だから、これだけで食っていくのはキビシイ。

 

 

くれぐれもオーナーが現場作業に入り、その分の人件費を減らして自分の収入を増やすという”間違った判断”をする事は避けたい。

疲弊するコンビニオーナーと同じ状況になります。

 

うちの店を引き継いだ方は「絶対に現場作業には入らない」という強い意志を持った方でしたので売却先に決定しました。

その方曰く「この商売は利益が出にくいので、商談ネタとして社会貢献事業をやっていますを利用する目的だけのためにやっていくつもり」と言っており、引き継ぎ期間中の二か月でこのビジネスの収益性について理解をされていました。

他にも事業をされている方なので、その事業仲間にも色々相談したらしい。

で出てきた結論が「儲からないね」だったと。

 

 

・収益化のしにくさ

 自分達は、月商170~180万円あたりでしたので、黒字になるはずがありませんでした。三年で180万円ですので、手残りの6万円を手にする月商300万にするには、あと三年の期間が必要。

以前、同エリアに出店したオーナーが開業後数か月で撤退する事になり、顧客の引き継ぎなどで何度か話す機会があった。

そのオーナーさんの撤退理由は、収益化するまでの期間が長期になる事がわかったから。

その方の基準は、一年~一年半以内に投資回収でき、三年目から収益化で考えていたがそれは無理だという試算が出た。

そして「初期投資の回収はできないと思う」と言っていた。

 

折角なので、色々お話を聞いていく中、本部社長がそのオーナーさんの加盟に際し、同エリアのうちの店のことについて言っていた事で「あの店は会社で加盟しているので、すぐ撤退しますよ。と言っていたから私は加盟した。」と暴露してくれた(笑)

 

確認しようがないので事の真偽は不明だが、撤退するオーナーにも思うところがあったと思うし、老婆心でそんなんなんだよという事を教えてくれたのかなと。

本部社長が言っていた「会社で加盟してすぐ撤退」とは『収益化できない』という事だよね(;^ω^)

会社だと事業撤退の決断も早そうだし。でも裏を返すと、個人開業でも一緒じゃないか?

真偽は不明だが、仮に本部がそういう意識なら撤退して正解だったと今は思う。

撤退するオーナーが、単に道連れにしようと思っただけかも知れんけど(笑)

 

 

  

・実際の報酬状況

一年目。

無休で働き、利益が無くても運転資金だという甘えから、毎月二名分の役員報酬(額面7万、手取り5.8万)が出ていた。

まだ収入の事は考えず、前向きに自分達の商売を拡大させていく事に邁進していた。

営業利益▲500万円

 

二年目。

相変わらず利益が出ないので、私は無報酬に、共同経営者は前年同額の額面7万で。

 

四半期1~2Qまでは変わらず前向き対応。

受注も来るもの拒まずで配達効率が悪化。赤字顧客が発生し始める。

3~4Qで、営業方針を変更。日曜休業、遠方配達客を受けない事とした。

営業利益▲200万円

 

三年目。

変わらず一日の大半の時間を奪われつつ無収入。共同経営者は前年踏襲(額面7万)

流石にこの状況で生活を続けるのは難しいと思い始めた。

 

営業利益▲50万円

 

債務超過は約800万円程に。

 

四年目。

四年目は一ヵ月だけの在籍。

引き継ぎの期間は時給制で外注扱いとしてもらう形となった。

約二週間の対応で、10万程の収入を得る事ができた。

 しかしまぁ、こうも長いこと無収入が続くと気持ち的には慣れますねw

 

それでも生き残れたのは、一年目から収入的に厳しい状況になるだろうを予想して、固定費の削減を積極的にやってきたのが効いたと思う。

そして読み通りの展開。

 

 

 

・ビジネス的にどうだったのか

・構造的問題

どうしても『薄利』となってしまう

原価率は飲食店としては結構高めの45~47%程で推移していた。

通常価格が550円として、原価258円(ごはん+おかず)

265円が粗利。(A)

 

配送に関する費用が、

燃料代20円/食

人件費76円/食(盛付+配達)

デリバリーコスト96円(B)

 

A ー B =169円(C)

 

店舗維持の固定費を一日あたりで案分すると、約20,000円程であった。

上記(C)のコストを賄う為に118食分の利益を消化する。

当時の一日の食数が約120食だったので、2食分の利益が残る。

2食 × C =338円の一日利益。

※120食以下の日もあるので、このたった338円すらの利益も獲得できない日がある。

 

営業日数約25日で、およそ8450円の営業利益だが、翌月の食材(米)を先行で発注しなければならない事業もあり、このわずかな利益も残らずに最終的には赤字となってばかり。

これでは想定していた役員報酬など取れるはずもないし、目標としていた一日200食ペースのボリュームになっても、税引き後利益を考えるとかなり厳しい状況。

よく引き合いにだされる儲かっている先輩オーナーのお店事情は全国TOP10あたりの店なので、後発組がそこにいくのに20年以上はかかる可能性も(笑)

10~13年くらい前の業界スタートボーナスのドーピングがあった時代に一気に伸ばし、現在横ばいか少し減らす傾向だが一日400食以上の化け物たちである。

 

ただ利益を出し続けるのがビジネスで一番難しい事なので、少額でも利益が出続けるところまでいけば成功であるとも言える。

これは個人の考え方のところもあるので、どれが正解とは言い難いのだが。

 

 

・なんで利益が出ないのん 

それにしてもなぜこんなに利益を出すのが苦しいのか。

配送が無料だからである。

ウーバー等のデリバリーシステムでも別に配送料を徴収している。

そして販売している商品も、店頭で購入するより割高である事が多い。

何が言いたいかというと、高齢者配食は配送料を別で取っていないが故に、必然的な薄利環境にならざるを得ないという事である。

本部にどうしたらよいのかを聞くと、「もっと売る数が必要、値引きすれば数は増える」という薄利多売を勧めてくる。

 

その様な薄利ビジネスをする場合、”多売”をしなければ成り立たないのだが、固定客相手の無料デリバリー事業の為に多売が出来ないという課題がある。

1台で配達できる量が限られる。

これを解消するには車両と人員を増やす事になり、雀の涙の利益も吹き飛び、赤字街道を走る事になる。いつになったら黒字になるのか見えなくなる。

 

1食1食を毎日配達するのは非効率すぎる。

その点ワタミの1週間分まとめて配送は考えられているというか、普通に考えればそりゃそうだわと思うのである。 

 更に市のサービスに参入すると配達の時間制限があるので、単に食数を増やしていけばよいという事ができない要因にもなっていた。

 配達も『無料』、見守りも『無料』と何でも無料でやる事となり、宅配業務として利益が取れない構造。

 

 

・二年目以降の結果

二年目。

赤字。

大方予想通りの売上推移で、傾向予測が確信に変わりました。

二年目は、ポツポツと黒字になる”勝ち月”が五カ月出てきました。

その数字を見て、三年目に勝ち月を増やしていけば、年間で黒字化出来るかなという感じだった。

 

 

三年目。

赤字決算

二年目の売上動向と同じ状況。売上は横ばい。

当然私の役員報酬はありません。

 

一年を普通に運営しているだけで、毎年200万程の債務が膨らむのが平常となっていた。

経営者が生活費を取れない状況はそのままに(笑)

 

 そして諦めた。

 

 

 

 

・同業他店の動画やブログで情報収集を開始

同エリアで開業し、半年で閉めたオーナーさんと偶然繋がりお話を伺ったり、同業他店のオーナーさんがやってる動画を偶然見つけ「一年目で月の営業利益が25万になった」とやっていました。

『月商150万円を稼ぎ出す店舗のルーティン』と銘打って、いかに活動をしているのかの詳細が。そのオーナーさんとは、とある理由で会った事があるので知っていました。

それを見て素直に「すげー」って思いましたが、その方が書いているブログに毎日のルーティンが書いてあり、それを見て純粋に「過酷だなぁ」と感じました。

そう思った自分も基本的に同じ様な状況でしたが、改めて文面にすると過酷さが際立つ。

休みは店休の日曜日だけ。

 夫婦で朝6時から21時(15時間労働!)まで働いて一人あたりの営業利益は12万。

 

売上が150万と言ってましたので、この先消費税納税義務がザックリ7万発生したとして18万円の手残り。

個人事業主の方だったので、夫婦の年金、保険を払って14万くらいか。

住み家が賃貸だったら家賃も払う事になるね。

 

「貯金0円だったので借入を500万した」と言ってけど、この借金の元本返済は始まっているのだろうかと気になった。

元本返済がすでに始まっていて、25万円の営業利益ならかなり凄いと思う。

もし元本返済がまだなら月の返済額は約6万くらいになるだろうから、経常利益8万くらいか。内情を知って、勝手に同業さんの事を心配してしまう。

同業なんで色々な経費発生の実情を見ていくと、夫婦二人でバイトに出た方が短時間労働でもっと稼げる。

時間労働以上の収入を目指すならバイトでは無理なので、オーナー業が道筋なのだが、労働集約型事業で個人事業主が行うレベル感の活動だと抜け出せない可能性が高い。

 

 オーナーは現状を「会社や上司に縛られず自由になれる起業です」って

それってどんなギャグ?と思う様なセリフだったが、至ってマジメな意見なんだろうと思う。

書いてある働き方を見る限り、これって『個人契約従業員』だよなと思った。

労災も出ない危険なお仕事。

最近はオーナーさんも状況が変わってきたのか、ネット上の更新は滞っている。

動画コメントには、現状を心配をする声がチラホラと。

 

 

・経費のジレンマ

売上を上げる為に食数が増えれば人を雇わないといけない。

車両も増やさないといけない。経費は嵩むばかりである。

固定費はそのままではあるが、例えば食数が100増えるのに4名のスタッフが追加で必要となる。当然車両も4台必要だ。

よく50食で損益分岐とかあるが、試算には出てこない保険やら備品費用やら色々とある。家が喫茶店やってて、家賃が掛からない状況だったら、いきなり固定費の8~10万を抑えられるので、有利に進めやすいだろう。別で賃貸する場合、保証金などでいきなり30万とか出ていくから手持ちの資金が少なくなる事も計算しておかないといけない。

 試算情報で「100食まではオーナー一人でOK」とかあったりするが、あれはかなり特殊(施設に60食納めてるとか)の事例だろう。後々揉める元になるのでどこかの事例であり嘘では無いのだろうが、その数字を運営上のポイントとして鵜呑みにするのは危険すぎる。

 

 

・安定するのは

youtube動画でかなりの食数(一日300食~)を捌いている動画があったが、そのレベルになって収益が安定するだろうちょい黒クラス。

その店は調べてみると、その業界の初期に創設され、現在まで続いているトップ

そこまでいかなくとも当時の自分達の一店舗だけでは、収益化を図る事が難しいという試算となった。

 

 

・打開策を模索

まず売っている商品の特性から、ヒットからのホ-ムランが出る事が無いビジネス。

どこかの時期で大逆転を図る事ができません。

売上規模が横ばいに推移していきながら、上がったり下がったりを繰り返し、ジワジワと長い時間をかけて上がっていく傾向です。

かなりの長期になる予定であるということ。その間は経営者が満足する利益が取れないということと、その経営者が現場作業に入って無償で働いて赤字なので、人を雇ったら圧縮した赤字がまた噴き出すのが100%。

その成長スピードでライバル店などが参入してくれば、成長が鈍化しさらに収益化が遠のく。

これだけ見ると、そんな気概でビジネスやってたらそうなるわという感じもしますが、動ける方法が近隣のケアマネさんに訪問して紹介してもらう流れを、ネット経由できた資料請求に対応するというくらいしかないので、参入が後になるほど厳しい戦いになる業界ではある。紹介も公共性が高い立場の方々なので、どこかに集中してという動きもされにくいのだ。

 

 

・共同経営者の破綻

二年目経過、税理士からの決算資料と私からの試算報告として当時代表だった共同経営者に「事業の収益化はあと数年かかりそうだ」という話をしてから、共同経営者の生活がヤバイとの話が出始めた。

元々生活水準を落とすでもなく毎月手取り5.8万円の収入では、月10万程の住宅ローン持ちでは当然やっていけなくなる。

足りない生活費の足しにと夜間バイトにも手を出したが、火に油を注ぐ様な状況である。ちなみに私も別の夜間バイトに入ったが、そういう時にかぎって弁当屋が忙しくなり、一ヵ月で退職を余儀なくされた。本業無収入がバイトで4万円ほどの収入を得た(笑)

 

そんなこんなで、生活破綻しかけている共同経営者には「まずは生活費を得られる職に就かないといけないから、後の事は任せて退職してもいいよ。」と提案した。

そして共同経営者は退職した。

「後の事は任せて」なんて、何も策が無いのによく言ったなと今でも思う。

共同経営者を今の不安から解放してやりたいという気持ちが先走った結果だった。

その後、不安しかなかったけどね。

 でも、なんとかなるだろうと持前の楽観が出た。

 

 

・単独経営になってから

全てを自分で決める立場になったので、色々変えていった。

ちょうどコロナ融資が受けられたので、一時的に資金繰りに余裕が出来た。

その頃、教訓を得たのが「金がないときにかぎって余計な出費がある。」ということ。

事故や発注漏れなどは、金が無い時に発生していた。

しかし資金に多少余裕が出来ると、そういった現況になっていた人物もいなくなり、至って安定した状況になっていたのだ。あれは本当に不思議であった。

 

 なんとか赤字額の縮小もできつつあり、これからの展開に道筋をつける事にした。

①細々と続けていく、②どこかに売却する

この二択に絞った。

メインは②であるが、例え売れなくても①があるので困らないという二段構えである。

 

しかし、想いの外早く売れたので、火の車からなんとか脱出できたのである。

 

 

・最後に

事業撤退も戦略のひとつです。

決して恥ずかしい事でありません。

これが無ければ、私はまだあの場所でもがき続けていた事でしょう。

今考えてもゾッとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:これまでかけた投資金額など