Kenteko Blog

興味のあることや経験談など

ブリジストン BATTLAX SC ウェットインプレッション

どもKENTEKOです。

 

 

先日、免許更新と違反者講習のため、平針運転免許試験場へ行ってきました。

愛知県郊外住まいの私が、なんで名古屋で更新?と思われるかもしれませんが、地元の警察署だと更新受付と講習が別日になってしまうので、トータル二日の対応が必要となります。

無職状態の私ですので、仕事で抜けられない的な事は無いのですが、単に”メンドクサイ”からというのが最大の理由です。

 

駐輪場に無料で止められるアドレス110で行く事にしました。

車だと燃料代と駐車場に500円発生。

公共交通機関だと一時間半ほどかかり、片道820円で乗り換えが三回も発生するといった事もあって、一番安価なシティコミューターである二種スクーターで出発。

 

平針での免許更新なんて名古屋に住んでた時以来なので、かれこれ20年以上訪れて無かったですが、建物もすっかり変わってしまい、超現代的佇まいになってしまいましたね。

最近建築される市役所と同じ流れを感じます。

www.bing.com

更新手続きは、二階に上り、更新手数料を払って視力を図って、いまいち理解していない暗証番号カードの暗証番号を登録して三階の講習ルームへ。

 

違反者講習は二時間の長丁場。

でも無職の私には、良い暇つぶしとなったので、初心に帰りしっかりと安全運転の意識を思い出させました。

講習指導員の方から、最前列の方々へ質問が投げかけられる事がありました。

①方向指示器(ウィンカー)は曲がろうとする何メートル手前から出しますか?

②徐行とは大体どれくらいの速度ですか?

あてられた最前列の方々は、なかなか正解が出ない。

流石の違反者講習だなって。(誉め言葉)

 

 

 

<正解>

①30メートル手前

②5km/h

私はちゃんと正解が判っていましたよ(笑)

 

 

かなり前置きが長くなりましたが、そんなこんなで講習が終わり、作成された免許が結構早くに呼ばれたので、早々に帰宅の途につきました。

 

帰り道、雨が降り出してきたので、急いで雨具を着こみ、タイヤを変えてから初の雨天走行なので、このブリジストン BATTLAX SCのウェットインプレッションをしようと思いました。

以前の記事。

kenteko.hatenablog.com

以前に、このタイヤ滑るよ~別メーカーがいいよ~という意見が多いな~という事への違和感があったので本当なのか。

 

結構な降り具合でしたが、普通に走っている分には特に滑る兆候はありませんでした。

緩い下りカーブなどもそこそこの速度で走りましたが、滑る気配は皆無。

逆に、しっかりとしたグリップ感を感じましたので、安心できるウェット性能だと思います。

 

わざとマンホールに乗り上げて走ってみましたが、非力なスクーターで14インチと言う事もあり、タイヤに伝わるパワーがマイルドな事も幸いしたのか、どんな時でもグリップが破綻する様な事はありませんでした。

 

ウェット路面で過度に倒し込んで急激にアクセルをオンする様な乗り方をすれば、どんなタイヤだって滑ると思います。

至って普通に走行する分には、雨天でもなんら破綻する事ない性能を有していると考えます。

信号の赤タイミングが悪く、キツ目にブレーキを握り込んでもロックする事はありませんでした。※これは設定次第なので私の設定だと。

 

結論としては、それほど恐れる必要はまったくないと思います。

一回ちょこっとスリップした事を殊更大袈裟に書いてしまう事もあろうかと。

国内で製品として売っているものですし、最低限求められる性能はクリアーしていると思います。

そもそもで、滑る様な運転をしていることへの反省の方が先かなって(笑)

※街中でタイヤの端っこを使う様な走り方とでもいうんでしょうか。

 

私自身として、ウェット性能チェックが出来た事で、これからも安心して使っていく事ができると考えています。

この先、消耗や劣化などで性能も変わっていきますので、日頃のチェックはお忘れなく~♪