Kenteko Blog

興味のあることや経験談など

スタグフレーションの懸念

どもKENTEKOです。

 

日本はずっとタイミングの悪さに踊らされてしまっていますね。

コロナ禍でのオリ・パラ。自民総裁選の政治空白。

そんなこんなで次にやってくるのは『スタグフレーション』と言われています。

 

世界経済の悪化においては、まず中国におけるリーマン級の経営破綻懸念があります。

jbpress.ismedia.jp

現在中国では習近平文化大革命の真っ最中だと言われており、資本主義の先駆の様な企業には潰れてもらい、中央集権機能の強化を図りたいのだとか。

 

 

 

そして『スタグフレーション』の懸念

www.bloomberg.co.jp

スタグフレーションとは、簡単に説明すると所得は上がらず物価が上がる現象。

新型コロナにより、世界の経済活動は鈍化をさせられる事になった。

経済活動が鈍化すれば、供給される物が少なくなる事で物価は上がっていく。

一ヵ月働いていた冷凍倉庫で、流れる商品のダンボールには輸入国が記載されていて、国産が少ないのを見続けていたので、冷凍食品も値上がりするなぁと感じた。

 

物価が上がるが国民が使える可処分所得が増えないという事は、お金の使用内容にもかなりの緊縮が発生するだろう。

国内では余計なものは買わないマインドが加速。

出口戦略が自ら作れない日本だと”とことん”行ってしまいそう。

 

政府の今後を夢見ると、価格に対しての消費税なので、

税収が上がった=消費マインドはむしろ上がっている=景気は悪くなっていない

というマヌケというか、絶対ワザとだろ!!という曲解を以って世間に喧伝しそうだなと感じている。

外的要因による物価上昇なので、政府、官僚は自分達に責任は無いと、安心するのかもしれんが。

 

いずれにしても、中国の一件も9/20以降の動きが怖いですね。

日本は祝日なので、株式を動かす事も出来ない状況の中、世界経済の下降を見守る事になるかもと思うと。

休み明けから恐ろしい事になりそう。