Kenteko Blog

無知成っ!!

【転職】【就職】〇〇が厳選した求人情報をご案内

どもKENTEKOです。

 

 

相変わらずの就職活動。

現在内定をくれた二社に絞りました。

 

 

それにしてもアドバイザー案件の不甲斐ない事よ。

時間を作って面談し、履歴内容もブラッシュアップさせて、紹介してくれたところに応募するも現時点の書類選考で100%落選。

そして、テンプレのお詫びメールが届くのみ。

かかった時間で見たら、とんでもない無駄作業をさせられてる感があるんですが(;^ω^)

時の運という事もあるのでしゃーないですけどね。

 

それにしても、わざわざ案件を選んで紹介してきて第一関門も突破出来ない展開ばかりだと、心も折れたりするのも分かる気がします。

こんなのが続くと「自分は誰にも必要とされてないんじゃないか」的な思考に陥りそうになりますよね。

私はそうはなりませんが。

 

何度も書きますが「今欲しいタイプと合わなかっただけ」ですから。

就職活動が上手くいかないといって、全てを対象に悲観する事なかれ。

 

 

・最近AI選別と同じ内容になってきた 

最初アドバイザーがまとめて案内してくれていた案件も減り、いつの間にかタクシーなどの機械的選別結果となる案件の紹介ばかりになってきた。

「これだったら他のサイトと一緒じゃん」と感じ始めた。

やはり40代管理職経験アリなんてそんなのはゴロゴロ居て、結局同じ様な職種需要しかないのかねぇ。

アドバイザーも連続書類選考落ちでバツが悪いのか、アクセスもしてこなくなった感じ。

まぁ無料のアドバイザーだから、そこまで期待しちゃいかんよね(;^ω^)

 

・以前から気になってたビジネスの参入検討

突然話は変わり、愛車のタイヤはいつもネット経由で購入して、持ち込み交換店で交換してもらっています。

持ち込みのタイヤ交換店は10年以上前から利用しており、行くたびに「この商売やってみたいなぁ~」と思ってました。

で、つい先日交換に行った際、正社員募集とオーナー募集の両展開をしていて、「オーナー参入いいな」って。

 

やはり一度独立を経験すると、その楽しさも知っているので、気持ちの中で完全に抜け出す事は出来ませんね(;^ω^)

 

・魅力的と感じるポイント

①そもそも車好き

タイヤ交換は手組みだと大変なのでやらないですが、それ以外の消耗品交換は基本自分でやってる。

交換作業はマシンを使うので機械操作を覚えてしまえば、すんなり出来てしまうだろう。

そして自分の車もタイヤ交換出来ちゃう。

 

②消耗品フェチ

私は消耗品フェチ。

使って減ったブレーキパッドやタイヤを見るのが結構好き。

経年劣化したゴムパーツを見ているだけで時間を過ごせる。

 

特に、自分の金ではなく、人が人の金でやってるのを見るのは最高。自分のは勿体なくて使えない。

この新品が中古になって、いずれ無くなっていくのかと考えると楽しい。

減ったタイヤを見て「これはどこを走ってきたんだろうなぁ~」と想像するのも楽しいだろう。

 

③粗利が高い

タイヤ在庫を持たないので「仕入れ」がない。

作業工賃=粗利とする事が出来る。

粗利が低いビジネスで苦労して失敗した私は、粗利が高いビジネスにはずっと憧れがある。

逆に売上が”工賃しか”ないので、効率よく交換数を上げていく必要はある。

配達がないので、弁当屋で一番利益を出すのに困っていたコスト発生が無いので、案件数をこなす事=売上となり、非常にシンプルな経営数値とする事ができる。

 

④これからのコスト削減にマッチしている

不景気の上に不景気を重ねてきているので、国民の多くがコストについてシビアになってくるだろう。

地方は車が無いと生活し辛く、所有する事は仕方がないところ。

少しでも車にかかるコストを抑えたいと考えれば、自然と安いタイヤ、安い工賃に流れるという人がゼロでは無い事。

 ニーズは間違いなく増えてくだろう。

 

⑤未経験の場合、従業員として修業も可能

私がやる場合、未経験なので実店舗で修行してからの方が安心だろう。

一応スタッフさんの立ち振る舞いなどについては数年観察したので、50%くらいはできそう。あとは実作業がどういう手順なのかになるが、ソコを実際に繰り返して身に付けるイメージ。

タイヤの脱着、ハメ替えは機械任せで、セットするまでの手作業中心なので、そこまで難しくはない感じ。

 

 

 当然だが”マイ店舗”となると、売上に繋がるアクションを自分で組み立てなくてはいけない。

反響はネット検索などによる部分と、私の様なリピーターになるだろう。

 

複業としての参入を真剣に検討しようと思います。